令和2年(2020年)12月

令和2年(2020年12月)問10 共有【宅建過去問】

令和2年(2020年12月)50問 全解答はこちら



令和2年(2020年12月)問10<共有>

不動産の共有に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 共有物の各共有者の持分が不明な場合、持分は平等と推定される。
  2. 各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、共有物に変更を加えることができない。
  3. 共有物の保存行為については、各共有者が単独ですることができる。
  4. 共有者の一人が死亡して相続人がないときは、その持分は国庫に帰属する。

解答

こちらをクイック


 
  
①の解説:正しい

【問題文】
共有物の各共有者の持分が不明な場合、持分は平等と推定される。

民法 第250条(共有持分の割合の推定)
各共有者の持分は、相等しいものと推定する

そのままです。基礎知識ですね。
そのため、答えは【正しい】です。


②の解説:正しい

【問題文】
各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、共有物に変更を加えることができない.

民法 第251条第1項(共有物の変更)
1.各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、共有物に変更を加えることができない。

これも、そのままです。基礎知識です。
そのため、答えは【正しい】です。

下記もセットで覚えましょう
保存行為・・・ 各共有者が単独で行える
利用行為・・・共有者の持分の過半数の同意が必要
変更行為・・・共有者全員の同意が必要


③の解説:正しい

【問題文】
共有物の保存行為については、各共有者が単独ですることができる。

民法 第252条 第5項(共有物の管理)
各共有者は、前各項の規定にかかわらず、保存行為をすることができる。

保存行為とは
共有物の現状を維持すること
①共有建物の修繕
②保存登記を行う
③不法占拠者に対しての妨害排除請求など
※損害賠償請求は単独で行えるが、その請求額は持分だけ である

保存行為は、単独で出来ます。基礎知識です。
そのため、答えは【正しい】です。


④の解説:誤り

【問題文】
共有者の一人が死亡して相続人がないときは、その持分は国庫に帰属する。

民法 第255条(持分の放棄及び共有者の死亡)
共有者の一人が、その持分を放棄したとき、又は死亡して相続人がないときは、その持分は、他の共有者に帰属する。

厳密には、相続人が不在の場合だれが、資産を相続するかは下記の順番になります。

①相続人→➁特別縁故者→③共有者→④国庫

となります。
そのため、答えは【誤り】です。
基礎知識です。

<まとめ 正解:4>
①は、基礎知識です。
②は、基礎知識です。
③は、基礎知識です。
④は、基礎知識です。

これは、簡単でしたね。

令和2年(2020年12月)50問 全解答はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です