令和2年(2020年)12月

令和2年(2020年12月)問17 建築基準法【宅建過去問】

令和2年(2020年12月)50問 全解答はこちら



令和2年(2020年12月)問17
<建築基準法>

建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 建築物が防火地域及び準防火地域にわたる場合においては、その全部について、敷地の属する面積が大きい方の地域内の建築物に関する規定を適用する。
  2. 倉庫の用途に供する建築物で、その用途に供する3階以上の部分の床面積の合計が500㎡であるものは、耐火建築物としなければならない。
  3. 高さ25mの建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合を除き、有効に避雷設備を設けなければならない。
  4. 高さ1m以下の階段の部分には、手すりを設けなくてもよい。

解答

こちらをクイック


 
  
①の解説:誤り

【問題文】
建築物が防火地域及び準防火地域にわたる場合においては、その全部について、敷地の属する面積が大きい方の地域内の建築物に関する規定を適用する。

建築基準法 第六十五条 第2項 (建築物が防火地域又は準防火地域の内外にわたる場合の措置)
建築物が防火地域及び準防火地域にわたる場合においては、その全部について防火地域内の建築物に関する規定を適用する。ただし、建築物が防火地域外において防火壁で区画されている場合においては、その防火壁外の部分については、準防火地域内の建築物に関する規定を適用する。

火災が起きた時に、その被害を抑えるために、防火地域が設定されているわけです。
準防火地域よりも防火地域の方がより安全に配慮しなければならない地域ということですね。
1つの建物が双方にまたがっていたとき、準防火地域の面積の方が大きいから準防火地域の基準にするとなったら、より厳しい規制をした方が良い防火地域まで被害が及んでしまう可能性があります。

そう考えれば、面積の比重に関係なく厳しい規制に合わせると推測することもできますね。
そのため、答えは【誤り】です。
基礎問題です。丸暗記ではなくなぜそうなのか?を理解して覚えましょう。

また、例外として緩い準防火地域側に防火壁を設置することで、一つの建物でも、防火地域・準防火地域の規制内容で分けることが出来ます。


②の解説:正しい

【問題文】
倉庫の用途に供する建築物で、その用途に供する3階以上の部分の床面積の合計が500㎡であるものは、耐火建築物としなければならない。

建築基準法 第27条2項1号(別表第一)
(耐火建築物等としなければならない特殊建築物)
記述の通りです。

これは、分からなくてOKです。覚える必要もありません。
気にしないでいきましょう♪
答えは【正しい】です。

③の解説:正しい

【問題文】
高さ25mの建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合を除き、有効に避雷設備を設けなければならない。

建築基準法 第33条 (避雷設備)
高さ20メートルをこえる建築物には、有効に避雷設備を設けなければならない。ただし、周囲の状況によつて安全上支障がない場合においては、この限りでない。
基礎問題ですね。答えは【誤り】です。

これは、「高さ20m」を覚えているかどうか?これがポイントですね。
理解と言うよりは数字とか内容を丸々覚えなければ解けない問題も沢山出ますので、しっかり覚えている必要があります。

でも、こうした問題は【記憶術】を使うと簡単です。
例えば、この避雷設備であればどのように覚えるかと言うと・・・

「避雷設備」といえば、「雷」・・・「雷」といえば・・・【雷様】
そこで、こうしたらバッチリ入ります♪

雷様が仁王立ち!(20で仁王立ち)

避雷設備ときたら、このイメージを思い浮かべて【雷様は仁王立ち】という言葉が出てきたら、バッチリです。

私のテキストでは、記憶術を活用したイラストをふんだんに活用して短時間で長期的に覚えることが出来るようになっています。

【理解して覚えること】【記憶術を活用して覚えること】両方を組み合わせながら最短合格を狙いましょう!

④の解説:正しい

【問題文】
高さ1m以下の階段の部分には、手すりを設けなくてもよい。

建築基準法施行令 第25条 (階段等の手すり等)
1.階段には、手すりを設けなければならない。
2.階段及びその踊場の両側(手すりが設けられた側を除く。)には、側壁又はこれに代わるものを設けなければならない。
3.階段の幅が3メートルをこえる場合においては、中間に手すりを設けなければならない。ただし、けあげが15センチメートル以下で、かつ、踏面が30センチメートル以上のものにあつては、この限りでない。
4.前3項(1~3)の規定は、高さ1メートル以下の階段の部分には、適用しない
上記の条文の通りです。
なので、答えは【正しい】です。

これも、知っているか知らないかの問題ですが。
知らなくてもOK。気にする必要はありません。

<まとめ 正解:1>
①は、基礎問題です。
②は、知らなくてもOK
③は、基礎問題です。
④は、知らなくてもOK

②と④は、分からなかったと思いますが。特に勉強する必要はありません。
①と③が、分かればOK!で楽々問題はとけたと思います。

令和2年(2020年12月)50問 全解答はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です